勇気と責任感とプライド

バーモントカップまであと一日。

 

最後の練習となった昨日は登録メンバーにユニフォームを手渡し、これで自分の役目は9割方終わったと思っている。

今日は細々した準備も終わり、ようやく一息ついたので、先日行われたバーモントカップの監督会議の様子を報告したいと思います。

 

去る11月15日(土)、コンパルホールの視聴覚室でバーモントカップの監督会議が行われた。

去年は荒れに荒れた監督会議だったけど、今年は特にもめることもなく淡々と議事が進み、注目の抽選会へ。

29チームが参加した去年は、4~5チームずつ7つのグループに分け、各グループ総当たりの3試合制としたせいで試合数が非常に増え、予選が土・日の2日にまたがり日程に関する不満が出た上に、各グループ2位チーム中の上位1チームがワイルドカードで決勝トーナメントに進むという、非常に複雑な予選方式となった。(その恩恵を一番受けたうちが言うのもなんだけど…)

今年も参加チーム数は去年とほぼ同じ28チームとなったけど、4チームずつの4グループと3チームずつの4グループの8グループに分け、各チームの試合数を去年の3試合から2試合へと変更したため、試合数が減って予選が土曜日1日に固定された。

 

3チームのグループは総当たりだが、問題は4チームのグループだ。

 

まず、2チームずつに分かれて対戦し、それぞれの勝者と敗者同士が2試合目を戦う変則トーナメントの説明が事務局よりあった。隣に座ったNFCのTさん(Tさんすいません!チーム名を略しようがありませんでした)と、「初戦が大事になりますね」などと話しながら、いよいよ抽選が始まった。

 

ちなみに抽選の順番は昨年同様申し込みの早い順からということで、一番最初に申し込んだS戸を筆頭に、NFCが4・5番目、メンバー選考に時間をかけたうちは全体の20番目ぐらいで、2チーム申し込んだRが一番最後、といった感じ。

そしてこの抽選で小さな事件が。

まず、A・Bの2チームを一人で引いたNFCのTさんが、2チームとも同じグループに入るクジを引いた上に、何と初戦で対戦するというミラクルを起こした。がっくりと肩を落として席に戻ってきたTさんに、「(クジは)並んだのを引いたんですか?」と声をかけたところ、「いや、ちゃんと離れたクジを引きました…」との返答。

もはや慰めの言葉も思いつかない。

 

そんなTさんの落胆をよそに淡々と抽選は進み、ビッグクラブのTやC、昨年準優勝のM北らが各パートに振り分けられる中、いよいようちの番が来た。

 

(クジ運だけは良いから)と自分に言い聞かせ、そっと引いたクジは、Dの2番。

この瞬間、先にD-1のクジを引いていたVとの対戦が決定した。

まず思ったのは、(V…トップチームがJFLに参戦しているチーム…フットサルもやってるんだ)ということ。手強い相手には違いないが、うちより弱いチームはいないと思っているので特に相手は気にならなかった。

むしろ、2試合目の対戦相手が分からない4チームのグループよりも3チームのグループに、できれば早めの時間帯を希望していた自分としては、願い通りのクジとなった。

 

この時点で残りは5・6チーム。その中には、もちろんあのチームも残っていた。

その瞬間、自分の中で予感が確信に変わった☆

残った他のチームが次々とクジを引いていくが、D-3を引くチームはいない。

結局、NFCと同じく2チーム申し込んだRを除いた26チームがクジを引き終えた時点で、D-3を引いたチームはいなかった。

 

こうして、バーモントカップ参戦2年目にして、宿敵Rとの初戦での対戦が決定した。

ちなみに対戦するのはAチームの方(ToT)/~~~

 

2011年から交流を開始し、翌年の城下かれいまつりU-10大会やASA杯、去年の別大興産カップや今年の高松大樹カップなど、節目の大会でことごとく対戦してきたR。

去年のJFAエンジョイ5では、互いに県外で行われたファーストステージを勝ち抜いた末に、北九州で行われたセカンドステージの初戦で顔を合わせるということもあった。

活動の期間はうちの方が長いけど、つねにうちの一歩先を進む存在であり、“好敵手”と呼ぶにふさわしい相手と勝手に思っているR。今年の練習試合では負け続けているけど、果たして明日はどんな結果が待っていることやら。今年は珍しく、春先以降にAチーム同士が対戦していないのも、この日のためのように思えてきた。

 

よりによって、28チームも参加した大会の予選リーグで対戦しなくても、と思わずにいられないけど、よく知っている相手だけに、名前を聞いて緊張することがないのが不幸中の幸いかもしれない。

同門同士の対決となったNFCのTさんには申し訳ないけど、フットサルの大会の予選リーグからフットサルチーム同士が対戦するというのも実に面白い。

加えて、うちの入ったDグループのように、3チーム中2チームがフットサル専門チームと言うのも面白いと思う。サッカーチームをフットサル専門チームが迎え撃つ構図というのもこれまでなかったことではないだろうか。

 

明日はいよいよバーモントカップの本番。

コートに立つ選手達には、勇気と責任感、それからフットサルチームとしてのプライドを持って戦ってほしいと思うし、自分達もできる限りのサポートをしたいと思う。

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    翔平 (土曜日, 29 11月 2014 00:27)

    楽しみで眠れません(>_<)
    寝坊だけはしないようにします!
    ろ6年生の集大成です。監督、コーチ、選手みんなで頑張ってまずは一勝目指しましょう!\(^o^)/

  • #2

    藤原 (土曜日, 29 11月 2014 00:35)

    明日は頼むぞ!

    とりあえずお互い早く寝よう(--;)

  • #3

    いち保護者 (土曜日, 29 11月 2014 07:47)

    いよいよですね!
    とにかく明日の監督コーチの日記が明るい話題になるように期待しています。

  • #4

    安部雅人 (土曜日, 29 11月 2014 10:47)

    全力をつくして、頑張って下さい。

  • #5

    安部雅人 (土曜日, 29 11月 2014 10:49)

    応援してます!

  • #6

    ドルガバ コピー (火曜日, 07 8月 2018 10:14)

    高級感が溢れる最高品質のワニ柄のドルガバ 靴 メンズのビズネスシューズが登場しましたで。ブランド コピー 優良 店 http://www.hxqiu.com/ シンプルですっきりとしたデザインはソフトな足入れで履き心地も良く、デイリーから休日スタイルまで活躍してくれる1足です。ドルガバ コピー http://www.hxqiu.com/?brand-69.html

  • #7

    ブランド コピー 優良店 (月曜日, 15 10月 2018 01:42)

    (ブランド コピー 優良店iwgoods):主にブランド スーパーコピー シャネル 人気限定 CHANEL コピー通
    www.iwgoods.com/buranndo-54-c0/販販売のバック,財布,靴,服,時計,ジャケット,デニム,iphone6/5/4ケース カバー,雑貨小物,シャネル 人気限定 コピー,シャネル 人気限zOnWvi.copyhim.comクリスチャンルブタン 偽物定時計スーパーコピー,シャネル 人気限定 バッグ コピー,シャネル 人気限定財布コピー,シャネル 人気限定 ピアス コピー,シャネル 人気限定 ネックレス コピー,シャネル 人気限定 服 コピー,シャネル 人気限定 靴 コピーなどを提供しております,品質保証,安心してご購入ください!

院内フットサル教室

 

住所

〒872-0333

大分県宇佐市院内町原口146-1 平成の森公園内

農村交流センター事務室

 

メールアドレス

innaifc1998@gmail.com