心と技と体と

今日はこの話題から。

久しぶりにトリニータの勝利を見ることができました。8位の長崎との九州ダービー。前半、前節の14試合ぶりという勝利の勢いに乗るトリニータが攻め込み、セットプレーから先制点を奪いますが、一転して後半は相手に攻め込まれ、ピンチの連続。相手のシュートミスにも助けられていましたが、ついに同点ゴールを奪われ、このまま引き分けで終わるのかと思われた試合終了間際、好調の為田選手が勝ち越しゴールを奪い、そのまま2-1でタイムアップを迎え今季初の連勝を飾りました。

為田選手のゴールにも感動しましたが、その後に選手、スタッフ全員で為田選手を囲んで喜ぶ姿を見て、さらに感動。

運動量が落ちて相手に押し込まれた後半に、伊佐・エヴァンドロ・後藤と攻撃的な選手を投入し、流れを取り戻すと、前線の攻撃的な4枚の選手のうち、一人だけ替えずに残していた為田選手による決勝ゴール。ベンチワークも含め、本当に待ちわびたホームでの会心の勝利と言って良いのではないでしょうか。

 

この試合のMOMはその為田選手でした。落ち着いてキーパーの股を抜いた決勝ゴールも見事でしたが、前半の先制ゴールを生んだセットプレーも為田選手の仕掛けから生まれたものです。前節の決勝点といい、また3年前に大銀ドームで目撃したプロ初ゴールといい、とにかく『絵になるゴール』が多い選手で、ますます好きになりました。

ユース出身で元々技術の高さには定評がありましたが、運動量が豊富でハートも強く、心技体の三拍子が揃った期待の選手。

うちにもこんな選手がいたらな…と思いつつ、大銀ドームから帰ってきました。

 

ちなみにうちのチームですが、自分も含め、コーチ陣は皆、精神論者が揃っています。自分はともかく、コーチは若いんですが 笑

ここからはいつもの個人的な意見になります。興味のある方だけ読んで下さい。

本当にざっくりとした言い方ですが、都会のチームに比べ、田舎(地方)のチームはなかなか技術の面で上回ることができません。

単純に選手が多く、チーム内で競争原理が働く。周りにチームが多く、刺激を受けやすい等、色々な理由が考えられます。

それだけでなく、上手く説明できませんが、やはり都会の情報量だったり人の多さだったりといった、都会の持つ“お洒落な”雰囲気が、自然と技術の高いチームを作って行くのではないかと思います。

フットボールに限らず、技術の高い都会のチームに対し、地方のチームはフィジカルや運動量で対抗する、という図式はスポーツの世界でよく耳にします。

 

サッカーぐらいメジャーなスポーツだと、そこまで差は現れないのかもしれませんが、これがフットサルみたいなマイナースポーツだと、より顕著にその差が現れるのではないでしょうか。

院内よりも大分市、大分よりも東京。

あくまで個人的な意見ですが、例えば大分のフットサルチームが東京のチームに技術で対抗しようとしても、やはり限界があるような気がします。

じゃあ、地方のチームは都会のチームに勝てないのかというと、決してそういう訳ではなくて、その差を埋めるのが、運動量や攻守の切り替えと言った「体」の部分であり、最後まであきらめない「心」の部分ではないかと思いますし、言ってみればそれがチームカラーというものではないかと思います。

 

6月のホンダカップの後、2年前のキャプテンが言った、「技術で負けているのに、気持ちでも負けたら勝てる訳がない」というのは、まさにそういうことだと思います。

 

地方のチームが、心技体の「心」と「体」で負けていては勝てるはずがない。

時々、このチームはどこを目指しているんだろうと思ってしまうチームがあります。まあ、よそのチームのことを考える余裕は今の自分にはありませんが… 

 

最近、ある保護者の方から「このチームは挨拶やマナーとかがしっかりしていますね」と言っていただきました。

自分達も、何より重視している部分だけに、そう言っていただけると正直嬉しいですし、頑張ってやってきて良かったと思います。

出来れば精神面だけでなく、勝ち負けのところでも結果が出てくれれば言うことはないのですが… 

 

院内フットサル教室

 

住所

〒872-0333

大分県宇佐市院内町原口146-1 平成の森公園内

農村交流センター事務室

 

メールアドレス

innaifc1998@gmail.com