3.19

2016年3月19日。

 

今日は嬉しいことが二つありました。

 

まず一つ目。

名古屋でジャパンフットサル大会決勝大会を戦っていたリノスU-12が見事に優勝。

この日記でも何度も紹介してきましたが、独自のスタイルを貫き通すメンタルの強さに加え、決定力をも備えた今季のリノスU-12。

6月のバーモントカップ県予選では惜しくも決勝で敗れましたが、巷の『フットサル大会』で目にする『ミニサッカー』とは一線を画すそのスタイルは強烈で、個人的には純粋にフットサルを戦えば間違いなく県内№1だと思っていました。

 

今年のリノスは本当に強かった。

創設当初から毎年、各年代ごとに対戦させていただいているうちだからこそ、その強さは肌で感じています。

そんな関係の深いチームが設立5年目にして悲願の全国制覇の達成です。

リノスの選手・保護者の皆さん、何よりドラゴンコーチ・ナベコーチ、本当におめでとうございます。

 

 

二つ目。

リノスの全国制覇に比べたら本当に取るに足らないことですが、我が院内フットサル教室も、本日福岡県筑紫野市で開催された「super sports XEBIO CUP U-10」に出場し、予選リーグを何とか勝ち抜き順位決定戦に進むことができました。

 

残念ながら3位決定戦で完敗し、入賞することはできませんでしたが、キャプテンのゴレイロ以外は3年生以下というメンバー構成の中、福岡県の強豪チームを相手に大健闘してくれたと思っています。

 

特に、初戦で対戦したチームは福岡県でも屈指の強豪。

正直、「福岡まで行って、よりによって初戦からこんなチームと当たらなくても…」と思いました。

いくら大会が少ないとは言え、わずか3試合程度を経験させるために実質U-9の子供達に早起きさせて、2時間近くの移動距離を費やして福岡まで行かせるのはさすがに酷かなとも思いましたが、そんな心配をよそに子供達は本当に良く戦ってくれました。

 

これも今まで何度となくこの日記で書いて来ましたが、今シーズン、強い相手と対戦するたび、その相手に先制点を奪われるたびに下を向き、戦う姿勢を放棄してしまう姿を毎回のようにAチームから見せられてきました。

 

そんなうちのU-12からもようやく先週の大会で試合らしい試合を見せてもらうことができ、ほっと胸をなでおろしていたところでしたが、そもそもそんな高学年を引っ張って来たのがこの世代でもあります。リノスや大平山、リヴェントとの交流戦で、或いは今季から始まった育成リーグで、兄貴分のU-12がフットサルの試合では考えられないような大差で敗れる中、何とか相手と互角に渡り合い、コーチ陣のモチベーションを切らさせず、チーム存続の危機を救ってくれたのがこの世代でした。

 

思えば、今シーズン最初の大会もU-10で始まりましたし、今日の帰りの車で翔平コーチと今年の思い出を振り返った際、口を揃えて出てきたのは阿蘇の大会でした。今年は本当にU-10に始まりU-10に終わったと言ってもいいくらい、鮮烈なインパクトを残した世代でもあります。

もちろん課題もたくさんあります。ただ手放しで褒めるだけのつもりはありませんが、例年になく苦労とストレスを感じたシーズンだっただけに、来季への希望を感じさせてくれた今日のクラッキ達の活躍を素直に喜びたいと思います。

 

 

今年度も残すところあと2週。

来週末は、うちもリノスさんもお別れ会を予定しているようですので、今年度の週末に開催される大会としては今週が文字通りラストチャンスでした。そのギリギリのチャンスでリノスは今年の強さに唯一足りなかったタイトルを獲得し、不振にあえぐうちは何とか来季への期待を掴むことができました。

 

最後の最後で掴んだ小さな手応え。

 

全国制覇と1day大会の予選突破では比べ物になりませんが、天国と地獄ほどの差が開いた両チームが、最後のチャンスとなる大会で手にしたものはお互いにとって大きいと思いますし、うちとしては小さくても確かな手応えを感じたという事実を記録として残しておきたいと思います。福岡と名古屋、大分のチームが、県外でしかその証しを得ることができなかったというフットサル界の現状と合わせて。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

院内フットサル教室

 

住所

〒872-0333

大分県宇佐市院内町原口146-1 平成の森公園内

農村交流センター事務室

 

メールアドレス

innaifc1998@gmail.com