サッカーから

先週末の飛び石連休を利用して、高知で行われた天皇杯3回戦『横浜Fマリノス対東京ヴェルディ1969』戦を観戦してきました。

 

高知では10数年ぶりに開催されるJクラブ同士の公式戦ということで、高知だけでなく、四国からもたくさんのお客さんが集まるのではないかと話題になったようですが、当日の観客数は5,733人。1万人は超えるだろうと思っていただけに少々残念でしたが、それでも入場者数が発表された時にはスタンドがざわめきました。前の席に座っていた3人組の男性客が、しきりに「なでしこの時は…」とか「なでしこの時より多い」とか話していましたので、どうやら過去になでしこリーグの試合があり、その時よりはお客さんが多かったみたいです。

 

マリノス対ヴェルディといえば、往年のサッカーファンならまず間違いなくJリーグの開幕試合を思い出すことでしょう。今では考えられませんが、週末のゴールデンタイムに地上波でJリーグが生中継され、満員に埋まった国立競技場で無数のフラッシュに包まれながら華々しく幕を開けた歴史的な一戦です。

その試合は横浜が2-1で勝利しましたが、ヴェルディはその年から2年連続してリーグチャンピオンに輝き、Jリーグ創成期の盟主の座を欲しいままにしました。

 

あれから20数年。

横浜はJ2降格の危機を迎えたシーズンもありましたが、ここのところ安定した強さでJ1の座を守っています。一方、ヴェルディの方は2007年のJ2降格以降、J1昇格とJ2降格を繰り返し、現在はJ2の下位に沈んでいます。Jリーグの前身である日本リーグ時代からしのぎを削り、ともに“オリジナル10”といわれる歴史と伝統あるチームでありながら、現在ではくっきりと明暗が分かれています。

その名のとおり、クラブ創設から50年近い歴史を誇る日本サッカー界屈指の名門クラブでありながら、Jリーグ開幕当初の華々しい栄光、そしてメインスポンサーの撤退やJ2降格等を経験したヴェルディ。

トリニータもJ1昇格に始まりナビスコカップの優勝やJ3への降格など、なかなかの浮き沈みを経験していますが、ヴェルディほど天国と地獄を経験したクラブもないのではないでしょうか。

 

試合内容も、そんな両チームの現状を反映してか、J1セカンドステージで優勝の可能性を残しているマリノスがヴェルディを圧倒。中村俊輔選手の直接FKを含む4得点でヴェルディを一蹴しました。

余談ですが、中村選手といえば左足からのFKが代名詞となっていますが、幸いにも、今シーズンは3月に博多の森で行なわれたアビスパ福岡戦に続き、中村選手の直接FKを2本も目の前で見ることが出来ました。

サイドチェンジでさえ糸を引くような美しい軌道を描く俊輔選手のキック。FKによるゴールともなると、その美しさは格別です。キックからゴールネットに吸い込まれるまでの、それこそ時間が止まったかのような不思議な感覚。そして一瞬遅れてスタンドにこだまする大歓声。素晴らしいゴールが決まった時にスタジアムを包む昂揚感、一体感はまさに至福の瞬間です。あの空間だけはスタンドで生観戦しなければ体感することができません。

普段、子供達には「どんなゴールも1点は1点だ!」と言っていますが、観戦するとなる話は別。中村俊輔選手の直接FKはお金を払って見るだけの価値があります。

 

そんな至福の時間に酔いしれた高知でのサッカー観戦でしたが、何点か気になったことがありました。スタジアム入場前の待機列の誘導、スタンド内での案内、物販テントの利用のしづらさ、帰りの自家用車の交通整理等々…

何点かと言いながら、あげればきりがなくなりそうですが、なにせ高知では10数年ぶりの公式戦。こちらはJの先輩である大分から来ていますので、「まあ、これからJリーグの試合を誘致することを考えれば、良いシミュレーションになったのかもしれないな」と、変な上から目線で自分を納得させました。

 

 

そう思うと、大分は本当に恵まれています。

 

4万人収容のスタジアムがあり、過去にはW杯も開催されました。

トリニータのおかげでJリーグのチームもほとんど見ることができます(した)し、何年かおきには日本代表戦も開催されます。色々批判はありますが、トリニータがなければこれほどサッカーやJリーグを身近に感じることはできなかったはずです。

 

ただ、現在はJ3なので、当然対戦相手もJ3のチーム。

選手には申し訳ありませんが、残念ながらJ1ほどのワクワク感はありません。

鹿島に浦和に横浜に…当たり前のようにJリーグの人気チームが見られた頃が懐かしく感じますが、一足飛びにJ1に昇格することはできませんので、とにかく今は1年でも早いJ2復帰を願うばかりです。

 

最近はフットサル教室の活動も忙しくなったため、大銀ドームへの足が遠のいていますが、今週末は小学校の運動会と重なりチームの活動はオフなので、久々にトリニータのホームゲームを観戦しようかなと思います。

 

明日から10月。

今年の10月は、フットサルではなくサッカーから始まりそうです。 

院内フットサル教室

 

住所

〒872-0333

大分県宇佐市院内町原口146-1 平成の森公園内

農村交流センター事務室

 

メールアドレス

innaifc1998@gmail.com